パチンコ・スロットの角台が出やすいって本当なの??

パチンコスロット角台

どーも!ムロパチです。

本日はまたまた質問への回答記事・動画です。

今回は『パチンコ・スロットって角台出やすいんですか』という質問。
確かにパチンコ・スロットって角台に座る人、結構多いですよね。

さて、一体角台は出やすいのでしょうか?それとも出にくい?

この質問には僕がホールへのコンサルをし、数々の店舗の数字を見てきた結果も合わせてお伝えしたいと思います。

 

パチンコ・スロットの角台ってどうなの?

結論から言うと、基本的に角は避けておいたことに越したことはないのです。

しかし、まれに徹底的に角を推しているお店もあるのは事実。

昔、僕もそのようなホールに通い詰めていたことがあります。
といっても10年以上前のスロットをやっていた時ですが笑

そのお店は基本的に優良店と言われるお店で、設定もかなり入っているお店。
なので、毎日車で1時間以上かけて行ってました。

そのお店のイベントで多かったのが

「角台は全台設定5・6」とか「角台は2分の1で設定6」というイベント。

ホールのコンサルをしてきた今だから分かりますが、そのホールの経営戦略はかなり賢かったと思います。
(今回は角台の話だけに絞りますが)

何故かというと、そのホールは常に信用を大事にしてガセのイベントや期待外れのことは比較的やらない方だったんです。

ある程度信用がついてくると、噂でプロと言われる人が何人も集まってきます。
そして、上手いプロは例外なく高設定を掴んだら一日中ブン回します笑

これを利用して、お店はプロがそこそこ来るようになってから角に設定を入れ始めました。

そうすると、プロは角をメインで設定探しを始めます。
そして高設定をツモると一日中その台を彼らはブン回す。

そうするとどうなるかというと、ただでさえ角台は出ているイメージが強いのに、
「高設定」&「プロの回す速度」&「プロが終日稼働」&「カチカチ君や手袋を使用し、誰でもプロとわかる見た目」

この4つの要素が重なり、一般の人からしたら

『このお店、すごい出してるね!!!』

というイメージに繋がり、お店の噂がまぁ~広がる広がる。

そして、一般の人がそのお店で打つのですが、
一般の人は「期待値」という言葉も知らなければ、「設定看破」もしようとしません。

ただ単に

「出そうか!?」「出なさそうか!?」

という感覚で打っている人が多いので、
普通の台を打ち続けお店側の利益に繋がる。という残念な構造になってます笑

以上が、角台を出すお店の一例です。

まとめ

 

仮に角台に座るとしたら、そのお店にプロが多いのかというところをチェックするといいかもしれません。

ただ、動画でもお話ししましたが、ここ最近では目立つイベントもできないので何もないなら角は避けたほうがいいかもしれませんね。

 

少なくても、僕は新しく行ったお店では角台だけは避けます(●´ω`●)

といった感じです。

それではまた明日!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。