考え方

カマスの実験から学ぶ、思い込みのこわさ

「カマスの実験」って聞いたことありますか?

実はこの実験から、ビジネスの考え方が学べるんです。

今回は「カマスの実験から学ぶ、思い込みのこわさ」をご紹介したいと思います。

カマスの実験とは

ビジネス書や自己啓発本を読む方なら知っている方も多い「カマスの実験」の話。

皆さんは知っていますか?

カマスとは魚の種類です。

こんな魚です↓

カマスの実験
<出典:Wikipedia>

一見パチンコとは全然関係なさそうなこの実験。
そこから「思い込みの怖さ」について学ぶことが出来るんです。

カマスの実験

 

カマスという魚は実は大変獰猛な性格をしており、
1つの水槽にカマスと小魚を一緒に入れると、小魚はたちどころに食べられてしまいます。

そこで実験!

まず大きな水槽を透明な板で仕切ります。

 

一方にはおなかを空かせたカマスの群れ。
もう一方には小魚を放します。

カマスの実験

するとどうなるか?

ちなみに仕切り版は透明なのでカマスには見えません。

カマスたちは小魚を食べようと、突進します・・・!!

しかし、見えない透明な板にガツーンと、ぶつかってしまいます!

ガツーン!、ガツーン!、ガツーン!

何度もぶつかると、カマスはお腹を空かせていますが、
ついにはあきらめておとなしくなってしまいます。

 

ここで問題です。

水槽の中の透明な板をとるとどうなるのでしょうか?

 

多くの方は、カマスはここぞとばかりに自由に小魚を食べはじめる!と思うでしょう。

しかし、カマスたちはいっこうに小魚を食べようとしません。

 

目の前を小魚が泳いでもまったく反応せず、
最後にはそのまま餓死してしまうのです。

目の前に食べられる小魚がいるというのに!!

なぜなら、お腹を空かせたカマスは何度も壁にぶつかったせいで、
「小魚を食べようとすると、なぜか痛い思いをする!」

カマスの脳に、このことがインプットされてしまったんですね。

 

思い込みの恐ろしさ

 

カマスはこの後、何もせず餓死をしてしまいます。

このカマスの実験からは『思い込みの恐ろしさ』を学ぶことが出来ます。

何かに挑戦しようとし、失敗や負けを繰り返すと、「これはダメだ」という「思い込み」がついてしまいます。

思い込みのなにが恐ろしいかと言うと、
何度も失敗を繰り返すと「次こそはできる!」「もっと頑張ろう!」というポジティブかつ向上心のある思考が無くなってきます。

「頑張っても無駄」「努力してもまた失敗する」そんな考え方が身に付いてしまうのです。

何かに失敗するとやる気が無くなる。

これは、人間もカマスも同じですね。

悪い思い込みが一度身につくと、努力が続かなくなり、
当たり前ですが目標を成し遂げることは出来ません。

あなたはなにか挑戦しようと思っていたことに対して「どうせダメだ」と思い込みがありませんか?

 

いらない思い込みからヤル気の思考に変える方法

しかし、そんな捨てたい思い込みを一気に無くす方法があるんです。

 

さて、一度自信を失ったカマスに再び野生のヤル気を起こさせるには・・・

一体どうしたら良いと思いますか?

答えは、

野生のカマスを水槽に入れるだけ!!!

野生のカマスはガラスの存在を知らないので、普通に小魚を食べます。

そうすると、もとからいた思い込みの塊のカマスは、野生のカマスが小魚を食べるのを見て

「なんだよ!!!壁無いやんけ!!!!!!」

と、再び野生に戻り猛然と小魚に喰らいつくんです。

つまり、小魚が食べれるのに食べなかったカマスは何が原因かと言うと、

「最初の思い込み」

です。

これ、怖くないですか?真面目に!

 

あなたにも当てはまることありませんか?

「どうせ勝つのは無理だ」
「お客が勝てるならお店は潰れてる」
「お金を稼ぐのは難しい」
などなど・・・

それって、本当に正しいですか?
もしかしたら、カマスと一緒で思い込みではないですか?

だから、まず一番最初にあなたがやらなければいけないことは、

「自分の思い込みに気が付くこと」

そして次に

「自分の目標にとって必要じゃない思い込みは捨て、必要な思い込みだけを残すこと」

この2つです!

まずは、あなたの思い込みをしっかり見直してみましょう。

そして、実はこの話にはもう一つ重要な考え方が1つ存在します。

あなたの近くには誰がいる?

ここで、このカマスの話しでもう一つ重要な考え方があります。

それは「野生のカマスを入れた途端、みんなの思い込みが変わって小魚を食べるようになった」という部分です。

これを人間に当てはめると

「自分の周りに成功者がいれば、あなたが成功する可能性が激的に上がる!」

ということです。

これを読んでいるあなたもスポーツとか勉強とかゲームとかで経験ないですか?

・スポーツの場合:「もっとフォームをこうすると、タイムが上がるよ」
・勉強の場合:「ここの暗記方法は○○って覚えると覚えやすいよ」
・ゲームの場合:「ここの隠しアイテム取ってから行くと簡単だよ」

などなど・・・

絶対と言っていいほど、全員同じ経験をしていると思います。

それは、大人になった社会でも全く一緒です。

そして、このパチンコやスロットでも全く一緒です。

あなたがパチンコやスロットで勝つ方法が絶対に無いと思っているのも自由です。

それが思い込みだと気が付いて、新しい行動を取り始めるのも自由です。

そして、結果を出したいなら出している人と一緒にいるのも自由です。

 

全てはあなたの自由です。

だったら、プライドや周りの目など気にせず、パチンコやスロットで理想の結果を追い求めるためにチャレンジしてみてもいいんじゃないかな~って僕は思います。

 

まとめ

今回のカマスの話で僕が伝えたかった大切なことは2個です。

①あなたの思い込みって本当に正しいですか?そして、その思い込みは必要ですか?

②誰と一緒にいるかで、あなたの結果は180度変わってきます。

この2個です。

特にパチンコやスロットで多いのが、負けている人同士がいつも仲良く一緒にパチンコを打ちに行っている事です。

別に個人の自由なので、止めはしませんが、その先にあるのは・・・

 

っということで、思い込み近くにいる人を変えるだけで、あなたの結果は180度変わる話でした。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!