パチンコ

月収20万程のパチプロと月収100万以上のパチプロの違いは「向上心」にある

「パチプロ」って言っても全員がガッツリ稼げているわけではありません。

ギリギリの戦いをしている人から月収数百万たたき出す人まで様々。

では彼らの違いって一体どこにあるのでしょうか。

こんにちはムロパチです。

僕のLINE@の多くはパチンコで稼ぎたい!という方からの質問が多いですが、
中にはパチプロに転向したいスロプロの方や、もっと収支を伸ばしたいパチプロの方からも専門的な質問を多く頂きます。

時間を割いて質問をしてきてくれる方々は、
皆さん本当に向上心があるなとつくづく思います。

その中でも「プロの方の向上心」について僕が感じたことを今回はお話ししようと思います^^

月に20万しか稼げないパチプロ

パチプロと一言でいっても、
ギリギリ生活できるレベルで稼げている人から、組織化をして爆発的に稼いでいる人まで月収はかなりピンキリです。

そして、驚く方も多いと思いますが、パチプロを名乗る8割が案外ギリギリで生活できるくらいの月収だったりします。

 

僕のよく行っているホールにもいわゆる「パチプロ」は何名かいます。

同業なんで、やっぱり立ち回りですぐ「あ、この人専業だ!」ってすぐわかるんですね笑

中には10年くらい前から専業として顔見知りの方もいます。

僕も10年以上パチプロをやってきたので、
周りの専業の方の立ち回りや打ち方を見ただけで、だいたい月収がどれくらいかがわかります。

「このプロは当たり中にひねり打ち出来ないのか…」

「この人はすごく立ち回り上手いな~」

「あ、ツール使って計算してるから、そこまで理解してないんだな」

等など、物凄く観察してしまいます笑

 

これまで数多くのプロを見てきましたが、感心するほど立ち回りや打ち方が上手なプロって本当に少ないです。

 

前にホールに行った際にこんなことがありました。

 

ホールへ行くと、そこには5年ほど前から顔見知りの専業の方が先に打っていました。
(話したことは1回もありません笑)

僕は彼が座っている台がどれくらい回るのか、自分の台を打ちながら計っていたんです。

 

通常時は真面目に止め打ちをする方なので、すごく計りやすい…笑

数十分見ていて、彼の台はかなり回ることが判明。

終日打ったら期待値も沢山とれる台。

「あの台めっちゃいいじゃ~~ん!!でもあの人終日打つんだろうな…」と僕は思いました。

 

しかし…!!!!

 

夕方、彼は持ち玉が尽きると、打つのを止めて帰ってしまいました。

 

えええええ????!!!!!!

もう、捨てちゃうの?!捨てちゃダメな台だよ?!
もらっちゃうよ?!?!?!

僕は唖然としながら、すかさずその台にちゃっかり座りました笑

 

そう、彼は期待値の計算が正確に出来ないが故に、
期待値が沢山取れる台をまんまと捨ててしまったのです。
(約12,000円をドブに捨てる行為でした。)

非等価店なので、現金投資をすると不利ってことは分かっていたみたいですが、
その現金投資時の今からの状況でどれだけ期待値が取れるか、明確な計算ができなかったのでしょう。。。

 

そして僕に取られるっていう。。。

例えるなら、付き合っている彼女の最大の長所に気づかず、
上辺だけ見て別れを決断し、他の男に取られてるって感じ笑

 

知らないってかなりこわくないですか?((((;゚Д゚))))

 

そんな立ち回りを見る限り、恐らく彼はパチンコで月収20万稼げているかどうかってところです。

 

さらにビックリすることに、
そのプロって僕が彼を知っている5年前から立ち回りが何も変わっておらず、
ずっとそういうことを繰り返しているんです。

つまり「本当は期待値が取れる台なのに、知識不足で取れないと判断し台を捨てるという行為」を、
5年間に渡って何も知らないまま何度も繰り返しているんです。

損失期待値額を計算するとかなり恐ろしいことになりそうです…。
(恐らくトータルで500万円以上は損していると思います)

 

では一体なぜ彼はずっと同じことをし続けるのでしょうか。

 

答えは「思考が止まっているから」です。

 

・もっと上手くなりたい

・自分はもっと稼げるはずだ

・他の稼いでいるプロと自分は何が違うのだろうか

 

そんなことを一切考えず、思考をストップさせたまま彼は専業でパチンコを打ち続けているんです。

 

「向上心」がもたらす結果

前述した通り、パチプロの8割は彼のような月20万~30万ほどしか稼げていない人がかなり多いです。

なので、残りの2割のパチプロからしたら完全にブルーオーシャンな訳です。

皮肉な話、そんな「思考がストップしていて、向上心が無いパチプロ」が多ければ多いほど残りの2割は稼ぎやすいんです。

 

専業になっているのならパチンコもしっかりとした「ビジネス」です。
向上心を強く持たない限り、月収を大きく伸ばすことは難しいでしょう。

パチンコだけではないですが、ビジネスってモチベーションをセルフコントロールしないと結果を出すのはかなり難しいですからね。

逆に向上心なら誰にも負けない!という方は飛躍的に月収を伸ばすことが十分に可能な市場とも言えます。

月収100万以上稼ぐパチプロは常に「もっと出玉を増やすテクニックはないか」「もっと期待値のとれる台選びの方法はないか」と、
日々、頭を働かせながら打ち続けています。

それほど2割のパチプロが貪欲に行動し続けている中、8割が思考停止状態だと差はかなり広がっていきますね。

 

僕は今、パチンコを打ったこともない初心者だけど、かなりモチベーションの高い方にパチンコを教えています。

彼はかなり貪欲に知識を吸収し、常に「自分には何が足りないのか」と考えています。
みるみる技術は上達し、パチンコを教え始めて、2か月で月収50万まで達成してしまいました。

つまり短期間でそこら辺のプロよりプロになってしまったんですね笑
僕は教えている立場ですが、モチベーションの大事さを改めて気づかされます。

 

「自分の限界を決めずに、常に自分に挑戦し続けること。」

 

パチンコの上達はこれに尽きると思います。

現状に満足せずに、自分を様々な角度から見ることはとても大事なことですよね。

 

みなさんも思考停止状態に陥っていませんか??

今一度、振り返ってみて下さいね♪

ではではー^^