パチンコ

パチプロってもう厳しい?!気になる末路は?!【2018年最新事情】



こんにちはムロパチです。
先日の記事は意外と反響が多くて

「意外とパチプロになりたい人多いんだな~」と感じました笑

昨日の記事でも書きましたが、パチプロにはメリットとデメリットがあります。
なので、その点を理解してやる分にはイイんじゃないかなと思います(´・ω・`)

そして、みなさんパチプロの私生活や収支なども気になるみたいですが、やっぱり1番気になるのは、

「もし、パチンコで食べれなくなったらどうするの?」という点。

なので、今日は、

「10年以上月単位で負け無しだけど、もし稼げなくなったらどうするのか?」

「いきなりこの業界が無くなったらパチプロの人達はどうするのか?」

という事について僕なりの推測も交えて書いていきたいと思います。

パチンコはもう稼げない?!

パチプロ

よく、ネットや巷ではこんなことが言われています。

「パチプロはもう稼げない」

「昔は稼げた」

「時給換算したらサラリーマンの方がまし」

おそらく、そんな文を呼んだ多くの人が「あっパチプロってもう稼げないしオワコンなんだ…。」と思うかもしれません。

 

しかし10年以上パチプロやっている僕がそこで思うことは、

「もうパチンコで美味しい思いが出来る時代は終わった」って言う人は
10年前にもいました。

どの時代にもどの業界にもこういう人いるんですよね笑

 

そして稼げなくなったのは、時代のせいじゃなくて100%自分の実力不足です。

だって現に僕はパチンコで稼げているし、
まだまだ月100万以上稼いでるプロがごろごろいるのを知っているから。

 

もし僕がパチンコで稼げなくなったとします。

でも、パチンコで稼いでいる人がまだ存在するなら、時代のせいにはしたくないですね。

そんなのクソダサいじゃないですか笑

 

世の中のパチプロ全員が廃業し、食べて行けなくなったら

「もうパチプロは食えないよ~」と言ってもいいですが、一人でも結果を出している人が存在するなら、

自分にはスキルがありませんと言っているようなものです。

 

 

 

ただ、ここから本題。

何かのありえないぐらいの奇跡が起こって、パチンコ業界の全ての会社が明日倒産し、誰もパチンコを打つことが出来なくなり、

世の中のパチプロが全員食べて行けなくなったらどうなるのでしょう。

要するに、今現役で月数百万稼いでいる人が、明日から全員パチンコをやめたら?ということです笑

そんなパチプロのその後を僕なりに考えてみました。

 

パチンコが無くなったらパチプロはどんな仕事につくの?

パチプロ

パチプロからパチンコ取り上げたらどうなるんでしょう笑

僕はパチンコ以外でも結構な額を稼ぐと思います。

なんでパチンコ取り上げたのに稼げるかって?

順を追って説明していきましょう。

 

まず、僕の周りの現役パチプロの中でも上手い人の共通点や特徴を挙げてみました。

・数字に強い
・確率に強い
・感情のコントロールが得意
・お金の増やし方の基礎を知ってる
・回りの意見に流されにくい
・世間の目を気にして行動はしない

では、ここからどんなビジネスや仕事が向いているのか考察してみます。

まず、絶対に向いているビジネスが「投資関係」。

パチンコがギャンブルだと思っている人にはちょっと理解不能かもしれませんが、パチプロは統計や確率論でパチンコで稼いでいます。

なので、一般の人とは比べられないぐらい土台が出来上がっています。

・数字に対する考え方
・確率や統計に対する考え方
・期待値がどれほど重要なのかという認識
・感情を完璧にコントロール出来るスキル

上記のスキルや知識は投資の世界では1番重要になり、絶対に必要なスキルだと思います。
なので、その土台がパチンコやスロットを5年や10年とかやってきて、知らない間についているので1番向いているビジネスは投資では無いでしょうか。

しかも、パチプロ上がりの投資家は実際かなり多いですし、
その特徴として、ガチガチに資金管理をし着実に資金を増やしていくということです。

要するに、普通の人が考えるギャンブル的な事は一切しないという訳です。

 

なので、パチプロの人が投資をすると、パチンコやスロットの勝ち方をマスターした時と同じようにたんたんと機械的にやり、資金を増やす人が多いです。

そして、次に考えられるのが、競馬やカジノなどの他のギャンブルと言われるもので、再び稼ぐ人が多いのでは無いでしょうか?

これは、結局、投資関係であげた理由と近いのですが、
一言でいうなら、期待値を完璧に理解した人はお金が増えることしかやらない。ということです。

 

実は競馬やカジノでも勝ち組と言われる勝ち続けている人は何人もいます。
それは、たまたまでは無く過去の統計や実際の確率を計算したりして、
自ら期待値を算出し、期待値がプラスの行為をたんたんと機械的にこなしているだけです。

実際に数年前、競馬で数億稼いだ人が税金の未払いで訴えられたのが問題になりましたよね。
あの人も実はやっている事は全く一緒です。
「この馬が好きだから」とか「今日は勝てそうだから」とかで掛けているのではなく、
膨大なシミュレーションをし、期待値を自分自身で算出し、期待値がプラスの条件の時だけ掛けている訳です。

ちょっと、色々と話しが長くなりましたが、「パチプロの末路」という話しをまとめると、
結局、期待値の考えさえマスターしてしまえば、世の中の投資やギャンブルにメチャメチャ強くなるので、パチンコがなくなっても全く困らないんですね。

なのでこれからパチプロ目指す!という方、僕は全然アリだと思います。
(ただパチプロ=無職なので世間体は悪いですよ笑)

ということで、世間で散々言われているパチプロの職業ですが『パチンコ以外でも稼ぐスキル』は結構つきやすいです。

まぁ努力必須ですが(´・ω・`)笑