2018年からパチンコ・スロットの規制がかかるとどうなる?!

パチンコ 止め打ち

みなさんこんにちは!ムロパチです。

今年も早いものでもう5月ですね~。
こんな感じで1年があっという間に過ぎていくんでしょうね。

そんな2018年、パチンコ業界に激震が。
そう、皆さんも気になっていると思いますが、パチンコ・スロットに規制が入ります。

ということで、今回は注目の話題「2018年のパチンコ・スロットの規制」について語ってみたいと思います。

 

2018年のパチンコ・スロットの規制とは??

今年から行われるパチンコ・スロットの規制内容(新基準)の変更。
一体どんな内容なのでしょうか。

■パチンコの規制内容

・大当たり出玉数の上限が減少(2400個から1500個へ)

・大当たりラウンド数が16ラウンドから10ラウンドに減少

・検定試験項目に4時間における出玉試験が追加

・パチンコ台にもスロット同様の6段階設定が可能に

・4時間の遊戯においてパチンコ・パチスロの出玉払い出し数を発射総個数の1.5倍未満へ

・2018年2月1日以前に検定通過機種は検定期間満了まで設置可能(最長3年)

・遊戯に当たって、4時間で5万円以上の出玉を制限

<引用:パチンコ店員の裏側!

大まかに言うと出玉を大幅に減少させて、ギャンブル性を低くすることが狙いですね。

この様に出玉の波の荒さが抑えられ、全体的に射幸性が落ちると
「パチンコ業界がもう終わりだ~」と世間は騒ぎまくります。

 

でも、「ヤバい!もうパチンコ業界が終わりだ!」って言う言葉って10年以上前から言われているんですよね笑
そう考えるとなかなか終わらないしぶとい業界だなって思います。

今まで規制がかかってきて中で、個人的に1番射幸性が落ちたと感じた規制が「イベント禁止」だと思います。
あの時はお店の経営陣は困リ果てていましたね。

 

そして次がスロットの4号機から5号機に切り替わった時。

メーカーの開発陣もどうやったら5号機の検定ルールで射幸性の高い機械を作れるか、
まだ誰も分かっていなかった時なので、今考えてもありえないぐらい射幸性は落ちたと思います。
特に最初に出たエヴァね!笑

今回の規制は今月から開始されますが、現在のパチンコ台が新規制の台に入れ替わるには2~3年かかります。
なので、肌感覚で出玉が減ったなーと感じるのは暫く先の話です。

では、今回の規制でプロはパチンコで稼ぎにくくなるのでしょうか??

規制についての僕の考え

パチプロ

規制でパチンコ業界は危うくなってくる…?!

もうパチンコ業界はおしまい…?!

なんて思ってしまいそうな今回の規制内容。

しかし、この規制に対して正直僕は、

メッチャ収支上げやすくなるじゃん!という感想です。

規制かかるってのに収支があげやすくなるなんておかしいんじゃないの?と言われそうですが、
僕からしたらかなりおいしい状況。

なぜなら、今回の規制がかかると

店探しができないプロや、設定の狙い方や探し方が分からないプロが大幅に減るから。

店探しができなくて、「回る」「回らない」でしか見れてこなかったプロは、
今回の規制で今後食べていくのは難しくなるのかなと思います。

逆をいうと、店探しが得意なプロはライバルが減り、ブルーオーシャンになるのではないでしょうか。
なので、知識と実力次第ではまだまだ稼げる業界だと僕は思います。

「もうパチンコは稼げない」

そんなことを言って諦めて業界を去っていく人が多ければ多いほど、
残った側は稼ぎやすくなります。

是非みなさんも一緒にブルーオーシャンへ向けてスキルアップしていきましょう!(^^)

 

2 Comments

ひろ

しばらくは良いけど(入れ替わってしまうまで)それ以降は規制緩和ない限り微妙というか、他で稼いだ方が割が良いかなぁという感じです。

4→5号機はパラダイスでしたが。

店も倒産増えてるみたいなので楽観視は出来ないかと。

まあ生活する分くらいは問題なく得れそうですが…

muropachi-admin

>ひろさん
コメントありがとうございます!
そうですね!
実際はどの様な状況になるのか蓋を開けてみないと分からないです。
ただ結局は、どの世界でも実力がある人だけが残ると思いますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。