パチンコ

仕事帰りのパチンコで選ぶべきホールや釘の見方とは?!

仕事帰りにパチンコを打ちに行くという方はとても多いと思います。

そんな時に気を付けたいことについて書いてみました。

仕事帰りのパチンコで気を付けるべきこと

 

仕事帰りにパチンコを打っています!という読者さんが多いようなので、
今回は仕事帰りのパチンコで選ぶべきホールや釘の見方について解説していきたいと思います。

パチンコはどれだけ期待値をとるかで収支が変わってきますから、
稼働時間が短いと基本的には不利になってきてしまいます。

しかし、サラリーマンがパチンコで稼げないのかと言ったらそうではありません。

現に、僕のコンサルを受けているサラリーマンの方は、
仕事帰りに徹底して期待値を取っていくことで、
安定して月の期待値が20~30万の間で落ち着いています。

では、どうやったら仕事帰りでも期待値を多く取れるのかというと、
ホール選びを徹底すること、釘をしっかりと見ることが重要になってきます。

仕事帰りのパチンコで選ぶべきホール

パチンコホール

仕事帰りのパチンコで重要になってくるのがまずホールです。

これは普段から様々なホールに足を運び、
期待値が取れるホールを探す必要があります。
(仕事帰りかどうかによらず、パチンコで稼ぐなら必須です笑)

ホールを見極めるには様々な要素や考え方が必要になってきますが、
最初のうちはそのホールにプロがいるかどうかで見極めていくといいでしょう。

プロの特徴などについてはこちらの記事を参考にしてみて下さいね。

そして等価のホールならいいのですが、
換金ギャップがあるホールはどれだけ現金投資をしないかが重要になってきます。

仕事帰りという稼働時間が短い状況では、持ち玉でどれだけ長く稼働できるかが勝負。

理由は換金ギャップがある非等価店では、現金投資をした瞬間に期待値がマイナスだからです。

 

仕事帰りのパチンコで気を付けたい釘の見方

立ち回りに関しても、稼働時間が少ない分、
試行錯誤してかなり効率的に動く必要があります。

釘の見方も効率的に行っていったほうが時間を無駄にしません。

 

釘が開いているか、開いていないか、メリハリがあるかどうかは、
パチンコを打つ皆さんは必ずチェックすると思います。

ではちょっと質問です。

あなたは仕事帰りの夕方ごろに、プロも沢山いる期待値のとれると思われるホールに行きました。

お店の釘はメリハリの調整で、釘が開いている台を発見!!

ただ、そのお店は釘が開いていても回らない台も存在する。

あなたはその台を打ちますか?それとも打たない?

 

僕は期待値が取れそうな台でもそんな台は止めたほうがいいと思います。

理由は、釘が開いていても夕方からならプロが打っていない時点で、
プロが朝打ってみて、回らないために捨てた可能性があるからです。

つまり、釘が開いていても朝から稼働しているプロ達が一度打ってみて、捨てている台の可能性が高いってことですね。

プロは回る台(正確に言うと期待値の取れる台)しか打たないので、プロが捨てた台は基本的に打たないほうが良いでしょう。

また、期待値は回らなくても取れるパターンが存在しますし、逆に回っても期待値が取れないパターンも存在します。

なので、一概に回転数ばかり気にしていても勝てないので気を付けて下さい。

 

仕事帰りでも、期待値さえとればしっかり稼ぐことが出来ます。
是非参考にしてみて下さいね^^