知っても別に得しない!!パチンコ・スロット雑学!

パチンコ 初心者

今回はパチンコの中でも、より身近な雑学の話をしたいと思います。

知っても別に得はしないのであしからず!笑

パチンコ・スロットの貸し玉料金の雑学

みなさんはこんな事を思った事が無いですか?

『パチンコの1玉が4円以上の価値で遊技できたら、今以上に一発逆転狙えるのに!』

そして、スロットユーザーなら

『1枚20円じゃ無くて、もっと高額なメダルで遊技できたら一発逆転狙えるのに!』

こんな思いを抱いたことは無いでしょうか?

正直、僕はずっと思ってますwww

 

だって、カイジみたいに1玉4000円だったら、余裕で億万長者になれますしねww

ですが、世の中はそんなに甘くないですよね…

 

そこにもしっかり玉やメダルの価値を決める風営法と言うルールが存在します。

風営法だとこういうルールになっています。

“(遊技料金の規制)
第19条 第2条第1項第7号の営業を営む風俗営業者は、国家公安委員会規則で定める遊技料金、
賞品の提供方法及び賞品の価格の最高限度(まあじゃん屋を営む風俗営業者にあっては、遊技料金)に関する基準に従い、
その営業を営まなければならない。”

 

これは、簡単に言うとパチンコは1玉4円以下でスロットは20円以下ね!ってことです!
(最近はここに消費税の問題も加わりました)

なので、どこのお店でも必ず上限が1玉4円なんです。
1玉4000円とかのホールは見たことないですよね?w

それが、こういうルールです。

 

1円パチンコの誕生裏話

今から10年ぐらい前に、北海道のとあるホールが経営状況に悩んでいました。

お店はと言うと、あまり稼働が高くなく、空き台が多く、

「どうやったらお客さんにもっと来てもらえるかな~」と、日々頭を抱えるばかり。

そんな中、店長がお客さんに色々と聞いてみると、とあるお客さんが

「パチンコは楽しいんだけど、打つとすぐにお金無くなっちゃうから、
なかなか遊びに来れないのよ・・・」

と発言。

そんなお客さんの声を聞いた社長は、

「もっと遊べるようにか~。
甘デジだと当たった時も出玉が少なくて、なかなか遊べないしな~」

「…あ!!!分かった!!!」

そこで、その社長が目をつけたのが、
貸玉料金のルールの中の『4円以下』というルール!!

 

そうです。

実は今や当たり前となった1円パチンコですが、一番最初にこの営業方法を取り入れたホールは、
この様に法律の抜け穴に気がついて、1円パチンコを導入したわけです!

頭イイですよね^^

これは、常日頃からお客さんの事やお店の売上をしっかり考えている経営者だったから思いついたのでしょう。

おかげで、今ではゲーセンより遊べるぐらいの0.5パチとかも出てきましたよね笑

本当に遊び目的だけなら、こっちの方がいいですもんね。

 

パチンコの景品についての雑学

パチンコやスロットを打って、出て換金するためにレシートをカウンターに持っていくと、
大体あまり玉とかあまりメダルが出るじゃないですか?
(貯玉や貯メダルしてる人は除きます)

そうすると、大体、

「あまり玉でジュース1本とこちらのお菓子2個、お好きなのどうぞ~」

みたいなの言われますよね?

その時、周りを見渡すと、色々な景品があるじゃないですか?

ジュースとかお菓子だけではなく、カバンや財布や時計やぬいぐるみや日曜にまで・・・・

みなさんも思いませんか?

『こんなところで、出玉を財布とかにする人いるの?』って!

だって、よ~く見てください!玉表記ですが、実際のお金で考えると全然安くないですよ?

しかも、景品で置くぐらいならもっと、ハワイ旅行とか豪華なのも置いてほしいですよね。

実はここに知られざるルールが2個隠されているんですよ。

それは、景品の数と景品の限度額です。

まず、景品の数ですが、

『できる限り多くの物品を商品として取り揃える事』と書いてあります。

この“できる限り”って言うのが凄い曖昧ですけどねwww

ですが、「こんなのここでは誰も交換しないでしょ!」っていう景品がある理由は、
この風営法のルールがあるからなんですよね~

もしかしたら、店長が一番「これ、誰が欲しがるの?ww」って思ってるかもしれないですけどね笑

 

そして、もう一つのルールが

『商品の価格は最高限度額10,000円を超えないこと』とあります。

これも、今度実際にパチンコ屋の景品をよ~~~く見てみると分かると思いますが、
どの景品も必ず2,500玉or500枚以下になっているはずです。

これも、極端にギャンブル要素を出さない1つのルールってことですね~

僕からしたら、

別に景品に変えるのはお客さんなんだから、限度額なんてど~でもよくね?ww

って感じですが笑

 

だって、例えばパチンコ屋の景品一覧に『一軒家』があって、
交換玉数1000万発ってあっても、だれも交換しないでしょwwww

それに、程よい高額な20万円分ぐらいの腕時計があったとしても、
パチンコ屋のカウンターで出玉をその場で腕時計に交換ぐらいの人は、仮に、そこに欲しい腕時計が無くても、帰りに勝って帰ると思いますけどね笑

ってことで、話が反れちゃいましたが、以上がプチ雑学でした~♪

ね?知っても別に得しないでしょ笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。